「つけペンは大人の道具」

こんにちは、鳴海です。
久々に証券用のインクで遊ぼうと机の中で眠っていたインクの瓶とGペン使ってペンいれしていました。



しかーし。

(゜ロ゜)

 ↓

(´・д・`)

 ↓

。・゜・(ノД`)・゜・。


ここまで描いた後、インクがまだ乾いてないところ触っちゃいました。オーマイガー!!


こういうときアナログは直せません。
書き直すって手もありますが自分は二度目に同じ絵を描くと一番最初に描いたやつより仕上がりが悪くなってしまいます。

ペンいれの続きを諦め、胸より下を描かず失敗部分も無視して塗り続行。塗り終わってからホワイトで修正しました。
次にペンいれするときは足まで描こう。

昔付けペンは大人の道具とか言ってたときがありました。でも今思えば苦手意識による発言だったと思います。
一本線を入れるにもその時その時で筆跡の感じが変わるのも付けペンの面白さな気がするのでもうちょっと極めてみようと思いました。
因みにペン先につきましては、Gペンも丸ペンもタチカワ派です。ゼブラのが良いと言う意見を多く聞きますが描いてみると「なんか違う」……って思うんですよね。メーカーによって全然違います。

あとは紙の問題。現在コレが良いって思える紙と巡りあえて無いところです。
コピックで塗るならば水彩紙で塗りたいんですがペン入れ中に表面の一部がどうしても毛羽立っちゃいます。
奥が深いですね……。

絵はギャラリーにて掲載致しました。バナーも一新しています。

0コメント

  • 1000 / 1000